絶対に失敗したくない不動産売却!そんな不動産売却のよくある疑問を分かりやすく解説

不動産売却を絶対に成功させたいと考えている場合には、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。
疑問点として考えられるのは、どれぐらいの金額で売却できるかです。
この点に関しては、査定を行うためある程度明確になるかもしれません。
ところがこの査定金額が極端に高いようなところは注意が必要です。
実際にそれだけの金額で売却できるかと言えば、必ずしもそうでは無いからです。
つまり査定金額とは1つの目安であり、絶対にその金額で売却できると保障されたものではありません。

絶対に失敗したくない不動産売却!そんな不動産売却のよくある疑問を分かりやすく解説

住宅を売却する場合には、不動産売却会社に対して売却を依頼することからスタートします。
この時失敗しないようにするためには、不動産会社選びがとても大事になるのは言うまでもありません。
不動産売却をする場合の会社選びですが、あまり高額な査定金額を出すところは避けた方が良いです。
そのため、複数の会社に査定を依頼して、それぞれ比較することが大前提となります。
あくまでその金で出した金額というのは、1つの目安であり必ずその金額で売れるとは限りません。

まずは不動産売却の基本から見ていこう

不動産は高額な商品となるため、購入する側は慎重になります。
不動産売却を成功させるためには、基本的な知識やノウハウを身に付けることが重要になります。
まず不動産売却とは、言葉通り不動産を売ることです。
不動産とは土地や建物をなど動かすことのできない財産のことで、民法には土地およびその定着物は不動産とすると定義されています。
定着物とは簡単には移動できないもので建物のほかに橋や石垣、立木などが当てはまります。
例えば、物置や車庫などは建物の付属物とされるので、不動産ではありません。
しかし、固定されていて土地に定着しているケースなど、建物として登記できる基準を満たしていれば物置や車庫でも不動産とみなされます。
また、立木は一見不動産とは認められないと思われがちですが、独立しての登記が可能なため不動産として扱われます。
不動産売却とは、これら不動産を売却することです。
流れは不動産会社に査定を依頼し、契約を締結。
不動産を売り出して売却交渉に進み、契約し引き渡すのが基本です。

不動産売却にかかる期間はどれくらい?

マンションから一戸建て住宅に住み替える場合には、自宅を売って購入資金を確保する必要があります。
少しでも高値で売ることが住み替え時の負担の軽減にもつながります。
そのためには実績の豊富な会社を見つけて、不動産売却を依頼することが重要です。
不動産売却の一括査定サイトを活用すると、良い条件で示してくれる会社を見つけることができます。
しかし高い査定額を提示した不動産会社でも、希望する期間内で買い手を見つけてくれるとは限らないのも事実です。
売却が完了するまでの日数は100日程度ですが、設定した価格や需給関係で大きく変わります。
したがってスピーディーに買い手を見つけるためには、適正価格を把握したうえで積極的に宣伝をすることが大切です。
営業力のある不動産会社に依頼すると、2か月程度で売却先が見つかる場合もあります。
一方で買い手がうまく見つからない時には、買取サービスを活用して自宅を処分することも可能です。

不動産売却はどこに依頼すればいいの?

不動産売却は生涯のうちで何度も行うものではないため、どこに依頼したらよいのか分からず困ることがあります。
住宅や土地を売却したいのであれば、まずは信頼できる不動産会社を探して査定を申し込むのが一般的です。
売却金額を決める必要がありますが、安過ぎると損をしてしまい高過ぎると買い手を見つけにくくなります。
同じ物件の査定を依頼しても不動産会社によって査定額に違いが存在します。
適正な価格で売却するには複数の不動産会社に査定を申し込み、各社を比較検討することが重要です。
不動産会社を比較する場合には企業規模だけに注目するのではなく得意分野や過去の実績などを確かめるとよいでしょう。
不動産会社にはそれぞれ得意分野があるので、物件の種類に合った会社を選ぶ必要があります。
地方都市の場合は全国展開している会社よりも、地元に密着した活動を行っている会社の方が買い手を見つけやすいというメリットが存在します。
不動産売却をスムーズに行いたいのであれば、信頼できる不動産会社を探すのと同時に周辺の相場も調べておくとよいでしょう。

不動産売却の手続きは自力でも可能?

不動産売却の手続きは不動産会社に仲介を依頼して行うのが一般的ですが、個人間の取引で行うことも可能です。
プロである不動産会社を利用すると高額な仲介手数料が発生します。
親族や知人など既に買主が見つかっている場合には、不動産会社に依頼せず個人間で取引を行った方がコストを安く抑えることができます。
ただし不動産売却を個人間で行う場合には物件の適正な金額を自ら設定する必要があります。
買主を自分で探したり契約書など必要書類も作成しなければなりません。
所有権移転登記や抵当権の抹消登記なども自分で対応できない場合には司法書士に依頼する必要があります。
その他にも何らかのトラブルが起きた場合には自分で対応しなければなりません。
不動産会社を通さずに個人間で取引を行うには様々な責任を自分で負う必要があります。
適正な相場や売買の手続きなど知識やノウハウがある場合には、仲介手数料を省いて売主と買主が納得できる価格で不動産売却ができます。

不動産売却においてリスクの把握は必須

不動産を売却すると、現金化できることや所有者が変わったのでその不動産を維持するための手間と費用が掛からなくなること、固定資産税などの税金を支払う義務がなくなるというメリットがあります。その反面、不動産売却をするときには時間がかかるということや仲介手数料などの費用が掛かることはデメリットです。もう住むことがない不要な不動産を買い手に引き渡してしまえば手放してしまえばホッと安心できますが、売却が完了するまでにかかるリスクもあるのです。不動産売却において、売値を決めるのは売主本人です。売却をしようとする不動産がある地域での相場を知らないと売値は決められないので、不動産業者に査定を依頼してからおよその売値を提示します。早く売りたければ相場よりも低く、ゆっくりでも良いので高い価値をつけたければ高くすることが可能です。しかし高く設定した場合に、なかなか売れないということがあります。その時はどんどん価格を下げていくことになるのですが、結局売れた時の価格は初めに想定した額よりもずいぶん下だったということがあります。それに売れるまでに何年も要することがあるので、不動産売却には想定した売値通りでは売れないことと時間がかかることをリスクと考えておくことが重要です。

不動産売却における専門業者の見分け方

不動産売却における専門業者を見分けるには、まず大手と地元に密着した業者の違いを理解する必要があります。大手は資金力が豊富なのでテレビCMや雑誌・新聞の広告、インターネットなどを使い多くの人びとにアピールできます。ブランドイメージが優れており好条件で売却できる可能性があります。地元に密着した会社は地域の特性や顧客情報に熟知しておりきめ細かなサービスが期待できます。行政が設けている優遇措置を活用したり、大手にはない独自の人脈を駆使して買主を探すことが可能です。不動産売却を行うには仲介と買取の違いを理解しなければなりません。仲介は不動産会社を通して市場で売却する方法で買取は不動産会社が自ら物件を引き取ります。買取を依頼する場合は1か月ほどで手続きが完了し仲介手数料も不要ですが、売却金額は市場価格の7割ほどになります。仲介は3か月から6か月ほどかかり仲介手数料が必要になるものの、市場価格で売却可能です。なるべく高値で売却したい場合には仲介がおすすめですが、素早く現金化したい場合や築年数が古く買い手を見付けるのが難しい場合は買取を行っている会社に相談するとよいでしょう。

不動産売却は売り時の見極めが重要

不動産売却は売り時の見極めが非常に重要です。物件の相場は市場のニーズによって変動するので見極めるには知識や経験が必要になります。しかし実際に売り時の見極めができれば売却金額が高額になる可能性が高まり、不安を感じることなく手続きを進めることができます。不動産の価格は経済情勢の変化に連動しており、市場の需給バランスは常に変わり続けています。景気が悪化すれば一般家庭の収入が減り、不動産の買い渋りや需要に低下が起きて価格が下落します。経済状況が悪化し始めてから実際に不動産の価格が下落するまでには、1年以上の時間がかかるのが一般的です。不動産の需要が減少して供給が過剰な状態になった場合にも相場は低下します。景気の悪化が賃金を減少させ買い渋りが起きて住宅購入者が減少し、価格が低下するケースは多く見られます。不動産売却を検討しているのであれば、相場における値上がりと値崩れを確認するとよいでしょう。値上がりしている時期は買い手が多いため取引を早期に成立させやすくなります。戸建ては築15年以降、マンションは築30年以降に値崩れが起きる傾向があるのでその前に売却するのがおすすめです。

不動産売却で起こりやすいトラブルと対処法

不動産売却時には不動産会社が法外な仲介手数料を請求してくるというトラブルが多く見られます。仲介手数料は宅建業法によって定められており、取引金額に応じた上限額が存在します。例えば売却金額が200万円以下の部分は5%というようの上限が定められています。仲介手数料の計算はそれほど難しくないので、請求額が妥当かどうか確認するとよいでしょう。この手数料は成功報酬であり支払いのタイミングは売買契約後の成立後です。買主が確定していない段階で求めてくる不動産会社は避ける必要があります。不動産売却の手続きは複雑なため売主によって分かりにくい部分が存在します。物件の売却に必要などと適当な理由を述べて不要な広告料金を請求してくる不動産会社もあるので注意が必要です。広告料金は売主が依頼して実際に広告を行った分だけが請求できます。依頼していないのに広告料金を請求された場合には支払いを拒否してください。また使途が不明な料金を求められ場合には、書面に記録して具体的な使途を問い合わせるとよいでしょう。

不動産売却にかかる税金を確認しておこう

不動産売却に着手する場合は、税金をおさめなければならない場合があることに注意が必要です。まず、売却の手続きの際には、印紙税と登録免許税の納付義務が発生します。売買契約書は印紙税の課税文書であり、売主が契約書の原本を保有する場合は、契約金額に応じて定められる金額を印紙税として納付することになります。登録免許税は、売主が負担する分は抵当権抹消登記に関するもののみです。不動産売却によって多額の利益が出た場合は、その中の一部を国や地方自治体に税金として納付することになります。税の種類は、国に納めるのが所得税と復興特別所得税で、地方に納付するのが道府県民税と市町村民税です。不動産売却によって生じる譲渡所得については分離課税制度が採用されており、他の所得とは合算せずに金額を計算する必要があります。このため、税率についても通常の所得税や住民税とは別に設定されているので、計算方法を間違えないようにしましょう。また、固定資産税は売却した年の分も納税義務があります。ただし、納付する額は所有期間に応じて売主と買主で負担し合うのが慣例となっており、全額を納める必要がありません。

不動産売却に関する情報サイト
不動産売却のよくある疑問を解説

不動産売却を絶対に成功させたいと考えている場合には、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。疑問点として考えられるのは、どれぐらいの金額で売却できるかです。この点に関しては、査定を行うためある程度明確になるかもしれません。ところがこの査定金額が極端に高いようなところは注意が必要です。実際にそれだけの金額で売却できるかと言えば、必ずしもそうでは無いからです。つまり査定金額とは1つの目安であり、絶対にその金額で売却できると保障されたものではありません。

Search