絶対に失敗したくない不動産売却!そんな不動産売却のよくある疑問を分かりやすく解説

不動産売却のデメリットとは?

不動産売却には所有権を完全に手放してしまうというデメリットが存在します。
基本的に物件を誰かに売却してしまうと二度と戻ってきません。
不動産は価値の高い資産であり直接的な使い道がなくても担保にして高額なローンを借りることが可能です。
引き渡し後に近隣トラブルに巻き込まれる可能性がある点についても注意しなければなりません。
売却した物件を買主がどのように利用するかは売主とは無関係です。
買主の利用方法によっては近隣住民が被害を被ることがあります。
近隣住民と売主の関係が良好な場合、買主の行動によって関係が壊れる可能性が存在します。
不動産売却を検討しているのであれば、買主の人柄なども十分に確認する必要があります。
物件を売却すると印紙税や復興特別所得税、登録免許税や譲渡所得税の他に測量費用や仲介手数料などが発生します。
売却代金がそのまま売主の収入になるわけではないので注意してください。
マンションなどを収益物件を売却した場合には、生活を支えていた収益が停止する点にも注意する必要があります。

不動産売却では売主が負担しなければならない費用もあるので注意

不動産売却では手に入るお金のことばかり考えがちですが、出ていくお金もいくらかあることに気をつけなければなりません。
不動産売却時に発生する費用としてまず挙げられるのは「仲介手数料」です。
これは媒介契約を結んで取引を仲介してもらった宅地建物取引業者に対して支払うもので、契約成立後に支払義務が発生します。
また、抵当権抹消登記を行う際に発生する「登録免許税」や手続きの事務手数料も、売主側の負担となる費用です。
もし、売主も契約書を保有する場合は、書面に記載された契約金額に応じた「収入印紙代」が必要になります。
これは、売買契約書が印紙税法上の課税文書に該当するためです。
ただし、原本を保有せずにコピーを保管する場合は、この印紙代は不要になります。
不動産売却の手続きの中で生じる出費にはこの他にも、住宅ローンの残債をなくす場合に発生する「住宅ローン事務手数料」や、抵当権抹消登記を司法書士に代行してもらうにあたって支払う「司法書士報酬」などがあります。
解体工事やハウスクリーニングを実施する場合はその作業にかかわるお金も出さなければならず、不動産の売却益大きさによっては売った翌年に所得税や住民税などの税の納付が必要になることがあります。

不動産売却に関する情報サイト
不動産売却のよくある疑問を解説

不動産売却を絶対に成功させたいと考えている場合には、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。疑問点として考えられるのは、どれぐらいの金額で売却できるかです。この点に関しては、査定を行うためある程度明確になるかもしれません。ところがこの査定金額が極端に高いようなところは注意が必要です。実際にそれだけの金額で売却できるかと言えば、必ずしもそうでは無いからです。つまり査定金額とは1つの目安であり、絶対にその金額で売却できると保障されたものではありません。

Search