絶対に失敗したくない不動産売却!そんな不動産売却のよくある疑問を分かりやすく解説

不動産売却にはどんなメリットがあるのか

不動産売却のメリットとしては、まず維持費や税金の負担を削減できるという点が挙げられます。
物件を所有していると毎年固定資産税や都市計画税などの負担が発生します。
目的もなく不動産を維持し続けているとこれらの税金を無駄に支払わなければならなくなるので注意が必要です。
所有している不動産が居住地から遠い場所にある場合、状況を気軽に確認することができません。
違法駐車や不法侵入をされている可能性もあり、近隣住民が被害を被っている可能性も存在します。
大きなトラブルに巻き込まれた場合、不動産の所有者にも責任が生じることがあります。
不要な不動産が売却してしまえば様々な責任を全て買主に移すことができます。
一戸建ての場合には土地付きで売却することが多いため、マンションなどに比べて金額が高くなる傾向があります。
土地を含む不動産売却で利益が生じた場合には譲渡所得税が発生します。
譲渡所得税は高額ですが土地上に家がある場合、上限が3000万円までの特別控除が利用できます。

不動産売却を行う際には早急な現金化も可能

不動産売却の際には、仲介を用いた買い手探しと、事業者に直接買い取ってもらう形から選ぶケースが多いものです。
どのような事情であっても、所有物件を売却する際には高値での売却を実現したいのが普通です。
仲介を用いた買い手探しでは、成約に到るまでに多くの時間を要します。
早期の現金化を目指すのであれば、不動産会社に直接買い取ってもらった方が良いでしょう。
不動産事業者に売却する際には、仲介よりも安値になることも珍しくありません。
実際に売却した方の評判を元に、幾つかの事業者を比較していくことが大切です。
遺産相続時の財産分与や、会社の運転資金の確保などでは、すぐに資金が必要となるものです。
仲介による買い手探しでは、思うような成約が実現するまでに、多くの時間を要してしまうものです。
市場価格よりは低い価格となりますが、急ぎで現金化が必要な場合には、不動産会社に直接売却した方が良いでしょう。
不動産売却を行う際には、事前に情報を収集しておくことも大切です。
公示地価や路線価を用いて、売却価格の目処を立てておきましょう。

不動産売却に関する情報サイト
不動産売却のよくある疑問を解説

不動産売却を絶対に成功させたいと考えている場合には、どのようなことに注意をしたらよいでしょうか。疑問点として考えられるのは、どれぐらいの金額で売却できるかです。この点に関しては、査定を行うためある程度明確になるかもしれません。ところがこの査定金額が極端に高いようなところは注意が必要です。実際にそれだけの金額で売却できるかと言えば、必ずしもそうでは無いからです。つまり査定金額とは1つの目安であり、絶対にその金額で売却できると保障されたものではありません。

Search